『24 -TWENTY FOUR-』シーズン6のあらすじ・登場人物・視聴方法まとめ

24 シーズン6

『24 -TWENTY FOUR-』シーズン6のあらすじ内容や感想、登場人物(キャラクター)や視聴方法なども紹介しています。

シーズン6は、ジャック不在でスタート、中国から戻してテロを阻止するために奮闘してもらう物語です。ホワイトハウス側のメンバーは一新され、新たな顔ぶれでまた違ったドラマを観ているような感覚で楽しめます。

シーズン6のおすすめ視聴方法

Disney+ (ディズニープラス)

シーズン6を視聴するならDisney+ (ディズニープラス)がおすすめです。

唯一、見放題(追加課金なし)で視聴可能で、字幕と吹替の両方に対応。ほかのサービスでは、1話ごとの課金があり、たくさん視聴すると膨大な課金が必要です。

見放題での視聴はこちら
※年間プランは15%OFFで実質2か月無料

シーズン6のあらすじ

『24 -TWENTY FOUR-』のシーズン6は、米国FOX局で2007年に初回放送されました。

全24話構成で、テーマは「連続自爆テロ・小型核爆弾テロ」になります。

シーズン5の最後に、中国の工作員チェンらによって強引に中国へ拉致されてしまったジャック。一方、アメリカではテロが各地で頻発しており、阻止に協力してくれる人物がジャックの身柄を要求。政府は中国との交渉の末、ジャックを取り戻すことに成功するも、そこにかつてのジャックはいなかった。

以下はネタバレ内容が含まれていますので注意してください

もろネタバレが含まれています!

1話のあらすじ

アメリカの都市は数週間にわたって各地でテロが発生。ジャック・バウアーは、両政府の合意のもと、CTUに引き渡されることに。ブキャナンはジャックに、アサドという名のテロリストが今回のテロの犯人だと思われることを伝える。テロ阻止に協力するというアブ・ファイドが、アサドの居場所を教える代わりにジャックの身柄を要求してきたのだ。

ようやくアメリカに戻ってくることに成功したジャック!しかし、死んでくれという残酷な理由のために戻され、ジャックはどのような反応をするのか!?

2話のあらすじ

ジャックはウェイン大統領と接触し、自分の知見を述べるも、カレン・ヘイズとレノックスは彼を信じない。ウェイン大統領はアサドを無力化する計画を続行することにする。ジャックは一人で現地に向かい、アサドに空爆を警告する。アサドは工作員の中にファイエドのスパイを見つける。陸軍のヘリコプターが家を空爆する寸前、ジャックやアサド、スパイは脱出しようと試みる。

ジャックの勘が少し戻ってきています!さっそくの独断行動には一見の価値あり!

3話のあらすじ

ジャックは故意に車を衝突させ、目的の人物の車を損傷させる。そこにアサドが現れ、その人物に車を提供し、彼はそれを受け入れる。ジャックはCTUに連絡し、アサドの車を追跡してファイエドに接触するよう依頼。ファイエドはウェイン大統領に電話し、特定の刑務所の数十人の受刑者を移送するよう要求する。ウェインはその手続きを指示する。カーティスは、過去にした残虐な行為が許せないアサドと手を組んだウェイン大統領に疑問を持つ。

ジャックと手を組んでいるアサドという人物も厄介な人物そう。カーティスがなぜアサドを嫌っているのか要注目!

4話のあらすじ

ジャックはカーティスがアサドに個人的な恨みを抱いていると推測し、クロエ・オブライエンにその調査を依頼する。ジャックはチームを率いてウォレス家へ向かうが、そこでアマルは重症を負っていた。スコットはアマルが言っていたバレンシアの場所を思い出す。CTUはその場所にチームを送り込み、ヌメアはレイが持ってきた装置で核爆弾の準備を始める。

段々おもしろくなってきましたね。カーティスとアサドの過去が明らかになり、ジャックがどのような行動を取るのか見ものです。

5話のあらすじ

ウェイン大統領とスタッフはバンカーに移される。ジャックは爆発のあと、困っている人々を助け始める。CTUはドミトリ・グレデンコというロシア人の仲間の記録を調べ、ジャックの父親であるフィリップ・バウアーの名前を発見。ブキャナンはジャックに知らせ、ジャックはフィリップと何年も話していないことを明かすが、ブキャナンを説得してフィリップだけを調査させることにする。

なんとジャックの父親が登場するというトンデモない展開に発展!

6話のあらすじ

グラハムはグレデンコとの取引でミスを犯し、フィリップがそれを解決しようとして巻き込まれたと述べる。ジャックとグラハムはファミリーカンパニーへ向かい、そこでジャックは父親と再会。ジャックは、CTUに事件の調査をさせ、今後のテロを阻止するよう説得する。しかし、フィリップの取り巻きのなかにグラハムに忠実である人間がおり、フィリップとジャックは捕らわれる。彼は二人を人里離れた場所に連れて行き、殺害するよう部下に命令するのだが…。

ジャックの父親に加え弟も登場!なんだか怪しい雰囲気ですが、果たして彼らはテロに関わっているのでしょうか?ワクワクするエピソードです!

7話のあらすじ

ジャックとフィリップはなんとか解放される。ジャックはCTUに通報し、グラハムは自宅で逮捕され、ヒオシンペンタールという神経剤を引き起こす薬で拷問される。マリリンは、グラハムの違法行為を知っていながら、息子ジョシュのために黙っていたことをジャックに明かす。グラハムはシーズン5の出来事への関与を明かし、怒ったジャックは過剰な神経剤の注入を命じ、グラハムにトラウマを植え付ける。

久々に見るジャックの拷問シーン!しかも、それを弟にやるという鬼畜っぷり(笑)

8話のあらすじ

ウェイン大統領の決断に怒るレノックス。ポロックは、推進派のダニエルズが昇格できるように、大統領を暗殺する計画を密かに持ちかける。レノックスは当初それを否定し、ポロックに辞表の作成を依頼する。フィリップ、マリリン、ジョシュはCTUに連行され、ジャックはチームを率いてモリス救出に向かう。ブレイディはマッカーシーを殺し、モリスを一人でファイエドの元に連れて行く。ファイエドは金を払う代わりにブレイディを殺す。彼は爆弾を起動させるためにモリスを拷問し始めるのだ…。

拷問シーンもあり、なかなかツラいエピソードです!ただ、ジャックがどうやって爆発を阻止するのかは大きな見どころですね。

9話のあらすじ

グレデンコは爆弾の運搬装置を準備していることが明らかになる。マリリンはジャックに、グラハム、そしておそらくグレデンコの活動に関連する住所を覚えていることを伝える。その後、マリリンはフィリップと会話し、フィリップはグレデンコを見つけるというジャックの計画を推理することができる。フィリップはある計画を立て、グレデンコの捜索と殺害を秘密裏に部下に依頼する。

なんだか恐ろしい展開になってきました!弟はもちろん、父親もなかなかの厄介者ですね笑

10話のあらすじ

ジャックはフィリップの手下からマイロとマリリンを救い、手下たちを逮捕する。ジャックは、住所を偽っていたマリリンに詰め寄り、フィリップによる息子誘拐の真相を打ち明ける。彼女は本当の住所を教え、CTUはその場所にチームを派遣するが、その家は空家であった。ジャックはフィリップを見つけるため、電話でフィリップにマリリンを捕らえたことを伝える。

ついにロシアが絡んできましたね!これらの事件、色々な方面が複雑に絡んできて一筋縄ではいかなさそう!

11話のあらすじ

ジャックはブキャナンに電話し、ローガンの裁判が公開されなかったことを明かす。ローガンは辞職し、自宅軟禁になるという取引をしていたのだ。ジャックはローガンを訪ね、彼は見返りを求めず協力すると申し出る。ジャックはウェイン大統領に報告し、ウェインは疑念を示すが、最終的にはそれを承認する。ローガンは、ロシア領事アナトリー・マルコフがグレデンコと関係があること、マルコフを説得できることを明らかにする。

おもしろい出来事が起こるエピソード!最後のほうは瞬きせず見ておきましょう!また、ローガン元大統領も登場するというおもしろい展開に!

12話のあらすじ

ローガン元大統領はマルコフに会う。彼はマルコフを有罪にできる証拠を持っており、CTUが爆弾を見つけるのを手伝わなければ、それを開示すると明言。マルコフはグレデンコとはもう関わりがないと主張し、ローガンはその場を離れる。ジャックは領事館に潜入し、マルコフを拷問することを決意する。ローガンは彼を説得するが、効果はない。

ロシアとコネがあるローガンに頼ることになるとは…。ジャックとしてはどんな思いなのでしょうか?物語も半分というところでおもしろくなってきました!

13話のあらすじ

マイク・ドイルが司令部から到着し、カーティスの代わりを務める。彼は領事館の外に捜査官を配置する。ローガン元大統領は、前妻マーサがロシアのスワロフ大統領の妻と友人であることを明かす。ローガン元大統領は、マーサと結婚したアーロン・ピアースに電話をかけ、そのことを知らせる。ピアースとマーサに会ったローガン元大統領は不快感を示すが、ついにスバロフの妻に電話することを決意する。

ローガンとマーサが会うという最悪の展開(笑)しかも、そこには元シークレットサービスのピアースもいるという悪夢。

14話のあらすじ

CTUに戻ったジャックは、シャドウ・バレーについて皆に報告する。マリリンは、オードリー・レインズが死んだという報告を聞いたとジャックに話す。ジャックはクロエにそのことを確認するよう命じる。彼女は、オードリーがジャックを探しに行った中国で交通事故死したという報告書を見つける。ジャックはブキャナンが報告書を隠していたことを突き止める。クロエは、グレデンコがCTUに内通者を潜ませていることを明言する。

オードリーの話が出てきましたねぇ。ジャックと彼女の物語も、このシーズン6の大きな見どころとなります!

15話のあらすじ

ヤシルのパソコンがハッキングされ、彼女の無実を証明する証拠を捜査官が発見。彼はそれをドイルに見せるも、ドイルは今のところ明かさないことにした。CTUはマーク・ハウザーというグレデンコの仲間を突き止める。ジャックはチームを率いてマークの家に乗り込む。マークは撃たれ、グレデンコがそこで会っていることを明かす。マークは弟のブレイディにCTUに協力するよう命ずる。

ホワイトハウス側でも緊迫したシーンが出てきました!シーズン2でも発動されたように、大統領の職務が果たせないため罷免にされそうに!どうなることやら!?

16話のあらすじ

CTUはグレデンコの前腕に追跡装置を仕掛ける。グレデンコはファイエドに会い、CTUとの取引を明らかにする。捜査官が突入し、追跡装置のついたグレデンコの前腕が切断されているのを発見。ファイエドとグレデンコはバーに逃げ込み、グレデンコはファイエドがテロリストであることを客に明かして逃げ出す。ジャックが到着して彼を逮捕するまで、観客はファイエドを殴り始める。

ついにファイエドを追い詰めますが…。まさか再度捕まらないように腕を切り落としてしまうとは!?からの仲間割れは見どころ!

17話のあらすじ

ウェイン大統領の計画は、中東の国に全面的に協力させるための策略であったことが明らかになる。その国の大使は、ファイエドと関係のある軍将官を逮捕したことを明らかにする。ジャックはファイエドの拷問が無駄だと判断し、ファイエドをCTUに移送するよう命令。移送中、CTU軍は武装した人々に襲われ、ファイエドを救出し、将軍の差し金であることを告げます。これは、CTUがファイエドを誘い出し、爆弾を発見させるための計画であることが明らかになるのだが…。

このエピソードでは、CTUが機転を利かせた作戦が見どころ!あえてファイエドの救出したように見せて爆弾を見つけるやり方はお見事!また、ジャックvsファイエドは必見です。

18話のあらすじ

チェンは、オードリーの身柄と引き換えに、爆弾のひとつからロシアの高度な軍事技術が詰まった回路基板を取り外すようジャックに要求する。ジャックは回路基板を取り外そうとするが、クロエが手伝っているのをモリスが発見し阻止される。ジャックはウェイン大統領に電話し、回路基板に爆薬を仕掛け、オードリーを確保したあとに爆発させることで、双方の希望を叶えつつ、自分の命を犠牲にすることを提案する。ウェインはそれを了承し、ドイルがジャックに同行することになる…。

ついにオードリー救出に向けて動き出すジャック!あのチェンと再び顔を合わせることに。ジャックの難しい判断に要注目。

19話のあらすじ

CTUはジャックの追跡を開始し、一時的に彼らを見失う。チェンと待ち合わせた場所に到着したジャックは、回路基板を渡す前にオードリーを安全な場所まで帰らせるよう強要する。爆発させるつもりで手渡すと、CTUのチームが突入してくる。ジャックを拘束し、オードリーを救出するが、チェンは回路基板を持って逃亡してしまうのだ。ジャックは、オードリーがトラウマからPTSD(心的外傷後障害)に陥っていることを知る。

ついにジャックがオードリーと対面するエピソード!しかし、オードリーは様子は変わっており、どうやって彼女の問題に対処するのかが大きな見どころです。

20話のあらすじ

ジャックは、オードリーから情報を得られると主張する。ドイルは捕まっているジャックを解放し、ジャック彼女と共にある部屋に逃げ込み鍵をかける。ジャックはチェンの居場所につながる場所を求めてオードリーに働きかけ始めるが、彼女がある名前を口にした瞬間、CTUの捜査官が侵入してくる。ヤシルは精神科医に退去を命じ、ジャックを留置場に送り返す。そこにジェームズ・ヘラーが現れ、ジャックに不快感を示し、彼女に近づくなと警告し、オードリーを自宅に連れ帰る。

なかなか難しい展開です…。ヘラーも登場し、再びジャックとオードリーは離れ離れに!

21話のあらすじ

CTUはオードリーが明かした住所を確認し、ドイルはチームを率いて現地に向かう。到着すると、そこは武器や爆薬で埋め尽くされていた。周永という男が率いるチェンの傭兵がCTUを襲撃し、職員たちを人質に取る。傭兵たちはジョシュを探し始める。ジャックは彼に換気装置を使って脱出するよう指示する。ジャックとマリリンは捕まり、周永はジョシュが降伏しなければマリリンを殺すとスピーカーで宣言し、仕方なくジョシュは降伏する。

CTUが再び占拠されてしまいます!何度もテロリストに侵入されているのに、相変わらず警備がユルユルなのはどうにかしたほうがいいのでは!?

22話のあらすじ

傭兵たちはジョシュを連れて逃げようとするが、捕らわれた捜査官たちは彼らに刃向かい、何人かの傭兵を始末する。ジャックはジョシュを救い、チェンは逃走に成功。フィリップはホワイトハウスに電話し、ジョシュと回路基板の交換を申し出る。ダニエルズはそれを承認し、ドイルはジョシュをヘリコプターに乗せ、他の捜査官はジャックが作戦を中止しようとするのを阻止する。

後半戦でもっとも盛り上がるエピソードです!どうやってCTUを取り戻すのかは必見!

23話のあらすじ

ドイルとジョシュが現地に向かう中、ジャックはカレン・ヘイズに電話をかけ、フィリップは決して取引を守らず、回路基板を手に入れるだろうと説得する。そして、フィリップを止めるために自分を解放してほしいと頼む。彼女はブキャナンに連絡し、ブキャナンはジャックを運んできたCTUの車と故意に衝突し、ジャックはブキャナンとともに脱出に成功する。二人はフィリップが取引をする海辺の場所に向かうが、カレンはジャックに協力した罪で逮捕される。

回路基盤を手に入れるためにジャックの攻防戦が見どころ!再び父親と対決するため行動します。

24話のあらすじ

クロエは妊娠していることを知らされ、彼女はモリスのもとに戻ることを決意。ジャックとブキャナンはヘリで海上に浮かぶ施設に到着する。銃撃戦が始まり、ジャックはチェンを捕らえ、ジョシュを解放することに成功する。空軍は回路基板を破壊するため施設を破壊。ジャック、ジョシュ、チェンは何とかヘリに乗り込み出発する…。

シーズン6の最終エピソード!ジャックvsチェン、ジャックvs父親の展開は必見ですよ!

シーズン6のキャスト(登場人物)

24 シーズン6 登場人物

シーズン6で登場する主要キャストになります。

ジャック・バウアー

中国に拉致されていたが、両政府の交渉によりアメリカへ戻ってくる。

しかし、それはテロを阻止するために生贄だったのだ…。

クロエ・オブライエン

CTUロサンゼルスで働く分析官。

優秀だが性格に問題が…。今回もジャックの良き理解者で、規則を破って助ける。

同じ職場で働くモリスは夫。

カーティス・マニング

CTUロサンゼルスの分析官兼捜査官。

CTU内でも現場でも大きな力を発揮する。

ブキャナン

CTUロサンゼルスの支局長。

事件解決に向けて指揮する。

モリス・オブライエン

クロエの夫でCTUの優秀な分析官。

しかし、優秀が故に大変な事態に巻き込まれてしまう。

マイロ・プレスマン

CTUの優秀な分析官。

見た目とは違い仕事はできる。

ナディア・ヤセル

CTUの上級スタッフ。

入ってまだ日は浅いものの、周囲の信頼もあり非常に優秀。

ウェイン・パーマー

アメリカ合衆国大統領。

テロが各地で頻発するアメリカを守るために、ジャックを中国から取り戻す。

トム・レノックス

ウェイン大統領の首席補佐官。

知的な的確な判断ができ、適切なアドバイスを大統領にする。

カレン・ヘイズ

ブキャナンの妻で、大統領の主席補佐官。

良識を持っており、それをもとに大統領に適切なアドバイスをする。

シーズン6に登場するキャストは以下の記事でも紹介しています。

シーズン6の視聴方法



ディズニープラス


dTV


Amazonビデオ


TELASA


Netflix


U-NEXT


FODプレミアム


Hulu


ABEMA
おすすめ度
(5 / 5.0)
(4 / 5.0)
(3 / 5.0)
(2 / 5.0)
配信状況
(課金)
シーズン1-7
シーズン10
(見放題)
シーズン1-10
(1話165円)
シーズン1-8
(1話150円)
シーズン9
(1話300円)
シーズン10
(1話500円)
シーズン1-8
(1話286円)
字幕/吹替字幕/吹替字幕/吹替字幕/吹替吹替
月額料金990円(税込)550円(税込)500円(税込)618円(税込)
お試し期間なし31日間30日間15日間
※シーズン9=リブ・アナザー・デイ
※シーズン10=レガシー

『24 -TWENTY FOUR-』シーズン6の視聴方法を徹底比較した結果、シーズン6を視聴するのにもっともおすすめなのは、動画配信サービスのDisney+ (ディズニープラス)になります。

Disney+ (ディズニープラス)は月額料金のみでシーズン6が見放題!さらに、シーズン1から7とシーズン10も配信されており、これらも見放題です。

その他の配信サービスでも配信されていますが、1話視聴するごとに150〜300円ほどの課金が必要になるため、シーズン丸ごと視聴すると結構な課金が発生します。

もっともおすすめなDisney+ (ディズニープラス)

画像: Disney+ (ディズニープラス)
おすすめ度⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
『24』の配信状況
(課金の有無)
シーズン1-7,10
見放題
字幕/吹替字幕/吹替
月額料金月額制:990円
年額制:9,900円
お試し期間なし
配信数16,000本以上
追加課金なし

Disney+ (ディズニープラス)は、月々990円(税込み)を払うことで、配信されている16,000以上もの作品を追加課金なしで見放題に視聴できるサブスク型の配信サービスです。

以下の6ブランドに属する16,000を超える作品が配信されており、子供向けのアニメはもちろんのこと、海外ドラマや洋画、韓流ドラマも数多く配信されています。

配信中の6ブランド
ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィック、スター

『24』のスタッフが制作した『ホームランド』や、主人公キーファー・サザーランドが主役の『サバイバー・宿命の大統領』なども配信されていますよ!

Disney+ (ディズニープラス)

年間プランが15%OFFで実質2か月無料

【参考記事】Disney+ (ディズニープラス)ってなに?料金やサービス内容を解説
【参考記事】Disney+ (ディズニープラス)の登録手順と解約手順

『24』の詳しい視聴方法は以下の記事でも解説しています。

まとめ

24 シーズン1 まとめ

『24 -TWENTY FOUR-』シーズン6のあらすじ・ネタバレや感想、キャスト(登場人物)、視聴方法などを紹介しました。

まだ観たことのない人は絶対に観るべき海外ドラマですし、すでに観たことのある人でも、もう一度視聴しても全然楽しめますよ!

視聴はDisney+ (ディズニープラス)で唯一、見放題で視聴可能です。

Disney+ (ディズニープラス)

年間プランが15%OFFで実質2か月無料

【参考記事】Disney+ (ディズニープラス)ってなに?料金やサービス内容を解説
【参考記事】Disney+ (ディズニープラス)の登録手順と解約手順

こちらの記事は2022年8月時点の情報になります。すでに配信が終了している場合もありますので、詳細は各動画配信サイトの公式ホームページにてご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました