『24 -TWENTY FOUR-』シーズン8のあらすじ・登場人物・視聴方法まとめ

24 シーズン8

『24 -TWENTY FOUR-』シーズン8のあらすじ内容や感想、登場人物(キャラクター)や視聴方法なども紹介しています。

シーズン8は、引退したジャックが孫から「おじいちゃん」と呼ばれ、ほっこりするシーンから始まります。しかし、かつての情報屋がやってきて、事態は急変!再びCTUに協力し、テロ阻止を目指すジャックに要注目!引退したにもかかわらず全然現役です。

シーズン8のおすすめ視聴方法

Disney+ (ディズニープラス)

シーズン8を視聴するならDisney+ (ディズニープラス)がおすすめです。

唯一、見放題(追加課金なし)で視聴可能で、字幕と吹替の両方に対応。ほかのサービスでは、1話ごとの課金があり、たくさん視聴すると膨大な課金が必要です。

見放題での視聴はこちら
※年間プランは15%OFFで実質2か月無料

シーズン8のあらすじ

『24 -TWENTY FOUR-』のシーズン8は、米国FOX局で2010年に初回放送されました。

全24話構成で、テーマは「核兵器テロ」になります。

シーズン8は、和平協定締結を阻止する目的で、中東カミスタン共和国のハッサン大統領暗殺テロが実行されることを知ったジャック。当初はCTUからの協力を拒否するも、娘の説得もあり、捜査に協力することになる…。核爆弾の脅威があることも知り、大統領暗殺と同時に対応しなければなりません。

以下はネタバレ内容が含まれていますので注意してください

もろネタバレが含まれています!

1話のあらすじ

テイラー大統領はカミスタンイスラム共和国ハッサン大統領との核条約締結を控えていた。ニューヨークでは、ジャックが治療を終え、キムたちと共にロサンゼルスに戻る準備を進めていた。ジャックの友人であるビクターは、ダブロス率いるロシアの凶悪犯に襲われ、一命を取り留める。ビクターはジャックを訪ね、ハッサンの暗殺計画があることを告げ、免責と引き換えに協力することを約束する。

一応、全24話のシリーズはこのシーズン8で最後!その最初のエピソード!やっぱりジャックは復帰させられてしまうのでしょうか?笑

2話のあらすじ

ジャックはCTUに連行され、そこで説明を受けて解放される。CTUは女性記者リードが内部の人間であることを証明する証拠を発見。その結果、彼女は逮捕されCTUに連行される。クロエは、彼女が内通者であることが簡単に見つかったことを不審に思い、ジャックに助けを求める。彼はそれを断り、家族と共に帰ることにするも、キムに説得され結局クロエを助けることになる。

やはりCTUに復帰してしまうジャック!しかも、いきなり強引に行きます。

3話のあらすじ

コール捜査官がハッサン大統領の警備を指揮するため国連に到着する。ジャックが路地に到着し、地元の人の助けで家を見つける。彼はダブロスの相棒と妻が殺されているのを発見。ジャックは家を出たところで2人の警官に殴られて意識を失い、そのうちの1人が相棒と妻の死の復讐として彼を拷問し始める。ジャックは何とか意識を取り戻し、もう一人の警官を説得して国連に連行する。

前半エピソードではなかなか迫力あるシーンが見れます!身体を張って護衛するコール捜査官には要注目です!

4話のあらすじ

コール捜査官とハッサン大統領は攻撃を無事生き延びる。ファードは自分の関与を明かしながら逃亡。コールはダブロスを追いかけ始め、ダブロスはジャックにより殺される。ジャックは彼の体にある特定のタトゥーの写真を撮り、CTUに送る。リードは解放され、ハッサン大統領は不倫関係を終わらせることを決意。技術者はダブロスの体内から放射性物質を発見し、ハッサン大統領は、政府の人間がかつてロシアの関係者から兵器用ウランを購入しようとしていたことを明らかにし、脅威はまだ終わっていないことを意味する。ジャックの送った写真から、ウラジミール・ライタナン率いるロシアンマフィアグループの関与が明らかになる。

衝撃な展開が!なんと、シーズン7で準主役だったルネが登場!ジャック並みに手荒な手段を取る彼女が見どころです。

5話のあらすじ

ルネは仲間を説得し、彼女をライタナンのもとへ連れて行く。ジャックはクロエに、ルネとライタナンの関係を調査するよう命じ、ライタナンは彼女を数回レイプしようとしたことが明らかになる。ライタナンはルネを信用せず、彼女とその仲間を人里離れた場所に拉致し、仲間を殺して彼女に銃を突きつける。CTUはなんとか彼らの居場所を突き止め、ジャックの攻撃命令を待ち、彼女を救出する。

順調に進むルネの潜入捜査。ジャックがいればとりあえずは一安心です。

6話のあらすじ

ライタナンは部下をジャックに会わせる。ジャックは、ライタナンが知らないロッドを買いたいというドイツの商人を名乗る。ジャックが最初の金を振り込んだあと、ライタナンは部下に彼を殺すように命じる。しかし、コール捜査官は狙撃銃で一人を除いて全員を殺し、ジャックはもし取引を守らないなら、ライタンのあとを追うと脅した。ライタナンは工作員に命じてジャックをアジトに連れてこさせる。

CTUの見事な連携プレイが際立つエピソード!ヒヤヒヤどきどきな展開が続きます。

7話のあらすじ

ライタナンは、ロッドのことを調べるために電話をかけ始め、電話を受けたセルゲイは「そんな材料は誰も扱っていない」と言ってしらをきる。セルゲイは部下を送り込み、ライタナンの出所を探させるが、ライタナンは何も見つからずすべての仲間に電話をかけ終わってしまう。ルネは捜索を続けるよう要求し、彼は彼女を罵倒するが、彼女は彼を何度も刺し、殺してしまう。

おもしろい展開に発展するエピソード!まさかジャックが!そして、ウォルシュ捜査官もよからぬことをしていますが、一体どうなることやら!?

8話のあらすじ

ジャックはセルゲイに引き合わされ、ロッドのためにファラド以上の金を提供する。しかし、セルゲイはジャックを警察官と思い込み、拷問にかけ、情報源を聞き出そうとする。ジャックは自力で拘束を解き、最終的にセルゲイはCTUに逮捕される。ジャックは、セルゲイに棒を渡す代わりにジョセフの免責を提案し、セルゲイはそれを受けて部下を呼び出すも、ジョセフが自分を裏切って棒を盗んだことが明らかになる。

裏切りが醍醐味の24ならではのエピソードです!

9話のあらすじ

ジョセフはセルゲイから政府との取引について電話を受けるが、ファラドの仲間にロッドを奪われて殺される。ロブ・ワイスは、自分の起訴を避けるため、ルネに罪をかぶせるようヘイスティングスに進言。彼は司法省の捜査官を送り込み、ルネを尋問する。ファラドの仲間であるサミールは、ロッドを使いカミスタンではなくアメリカを攻撃する計画を明かす。一方、ウォルシュは人里離れた場所でウェイドとその友人を襲う準備をするが、そこにコールがやってきて彼女と対峙、彼女は自分の過去の一部を説明する。

このエピソードの見どころは、ウォルシュとコールに起こる出来事!ドツボにはまっていきます。

10話のあらすじ

コールとウォルシュは遺体を埋め、CTUに戻る。ジャックたちが到着すると、メヘランの工作員によってファードが殺されていた。ジャックは、病院に工作員を誘い込むため、ファルハドの生存を発表する計画を立てる。メヘランはマルコス・アルザカーを送り込み、ファラハドを仕留める。マルコスは母エレインに電話をかけ、街を離れるよう忠告。病院に到着した彼はクロエに見つかり、諜報員の協力で彼が身につけている爆弾の種類を認識し、遠隔操作で爆弾を解除することに成功する。

おもしろい展開に発展するエピソード!病院でのやり取りは見応えあり!

11話のあらすじ

爆破作業を続けるマルコスをCTUが特定し、エレインを病院に連れて行くと、ジャックはマルコスの行動と所属を彼女に伝え、はマルコスに降伏と協力を指示し、彼女はそれを試みるが無駄だった。ジャックはマルコスに、今度のテロで母エレインを死なせないよう脅し、無理やりドアを開けさせる。すでに爆弾を作動させていたメヘランは、起爆の引き金を引く。マルコスは死ぬ前に、タリン・ファルーシュが実はメヘランの仲間であることを明かす。

病院での緊迫したやり取り!まさかの人物がテロに関係していてびっくり!

12話のあらすじ

NY市警の強力なSWATの存在にもかかわらず、タリンはカイラを連れて脱出し、サミールの隠れ家である廃銀行の金庫室に彼女を連れて行く。サミールはハッサンに接触し、彼女の命と「ファイル33」を交換すると申し出る。ファイル33は、アメリカの放射線防護を回避するための詳細なハウツー文書であることが判明。ジャックはハッサンに、CTUがテロリストを追跡している間、時間稼ぎをするよう促す。

おもしろい追跡劇が繰り広げられ、最終的に大変なことになってしまうCTU!まさにシーズン中盤のクライマックスとも言える内容です。

13話のあらすじ

ジャックとコール、2人のエージェントがメランたちを追うなか、ジャックはNSAの友人に電話をかけ、CTUが再び機能するよう支援するチームの派遣を依頼。クロエはルネに電話をかけ、ジャックのことを伝える。メヘランは、タリンと一緒にロッドを持って船で出発するまで、ジャックのチームを拘束するよう部下に命令する。ジャックとコールは、ルネが到着して救出されたため、銃撃戦から生還する。

前回に引き続き、こちらも非常に内容の詰まったおもしろいエピソードです。特に、CTU内部の衝撃な裏切り者には鳥肌モノですよ!

14話のあらすじ

テイラー大統領はジャックにハッサン大統領の警備を任せることにし、ジャックはルネを任務に加える。テイラー大統領はメヘランから電話を受け、核の棒が大量殺戮可能な爆弾への改造に成功し、1時間以内にハッサン大統領を投降させなければニューヨークで使用されることを明らかにする。タリンは爆弾の監視を命じられ、メヘランの命令で爆弾を爆発させる予定。閣議でハッサン大統領を降伏させるかどうかの議論が始まり、ワイスとブラッカー将軍は賛成するが、カニン国務長官が反対する。テイラー大統領は要求に応じないことを決め、CTUに爆弾の発見を依頼する。

政府が苦渋の選択をするところ。と同時に、反対する者の不穏な行動には注視が必要。

15話のあらすじ

ハッサン大統領はジャックを襲い、ビショップに降伏の意思を伝える。ハッサン大統領とビショップはハッサンの家族、ジャック、ルネを監禁し、その場を離れる。ビショップはメヘランに電話し、タリンに起爆を止めるよう指示。ジャックは自力で解放し、テイラー大統領に知らせ、テイラー大統領はブラッカーとワイスを逮捕させ、カニンは監禁中に心臓発作を起こしたため、医療施設に送る。

『24』らしい展開に発展するエピソード!今度はハッサン大統領の命が最優先!

16話のあらすじ

CTUにウォルシュのことがばれ、逃げようとするが、怒ったコールに止められる。彼女はバウアーにだけ話すと述べ、協力と引き換えに免責を要求。テイラー大統領はそれにサインし、ウォルシュはメヘランの居場所を教える。ロシア外務大臣ミハイル・ノバコビッチはテイラー大統領に、ハッサンの死は今度の条約を終わらせるものだと言い、ロシアは条約にサインしたくないと考えるようになる。ジャックやルネら捜査官はメヘランのもとに到着。メヘランはハッサン大統領に生放送で一連の犯罪を自供させようと拷問を始めるが、ハッサンはそれを拒否。

ハッサン大統領の命はどうなる?という非常に盛り上がるエピソードです!

17話のあらすじ

ロシア人工作員パベル・トカレフがFBI捜査官を装い、メヘランに致死量の注射を打つ。その場を去る際、ルネと顔を見られる。ルネはクロエに彼の調査を依頼。ジャックとルネは、彼女のアパートへ向かい、そこでベッドで楽しむ。トカレフは、この日の事件に関与していることが明らかになったノバコビッチに電話をかけ、ルネとジャックを暗殺するつもりであることを報告するが、ノバコビッチは彼らの暗殺は注目を集めることになるので反対する。トカレフはスナイパーライフルでウォーカーを狙撃するが、バウアーには命中せず…。

次第に話題がロシアへ!まだまだ先が長いことを予感させるエピソード。

18話のあらすじ

クロエはジャックに、ルネに聞いた男について話す。ジャックはバザエフがいる法廷に向かい、そこで口を割らなければバザエフの残りの家族を殺すと脅す。バザエフは、その日の出来事にはロシア政府が関与しており、ウォルシュはそのエージェントであることを明かす。ローガンはノヴァコヴィッチを訪ね、ロシア政府の関与を明かすと脅して、今度の条約にサインさせる。しかし、ローガンは当初、ロシア側にどのように強制したかをテイラーに告げなかった。

ジャックの復讐劇が始まる熱いエピソード!ついにロシアの関与がジャックに知れ、ローガンも大活躍。

19話のあらすじ

ジャックの逃亡により、テイラー大統領は取材ではなく公表することを決意する。ジャックは友人のジム・リッカーに電話をかけ、ある計画のため武器や道具を次々と注文。ローガンは、ウォルシュを民間業者に引き渡し、拷問して証拠を見つけ、確保するという計画を思いつく。

ジャックとクロエの関係は要注目!クロエもやはり責任ある立場になると変わってしまうんですね。

20話のあらすじ

コール捜査官は、ジャックを捕らえたことをクロエに伝え、ウォルシュの居場所を尋ねると、彼女はそれを打ち明ける。コールとジャックはそこへ向かう。銃撃戦を繰り広げ、工作員を皆殺しにするが、ウォルシュは銀行の貸金庫に証拠があることを明かし、3人はそこへ向かう。ジャックは外で待機し、コールとウォルシュは中に入り、そこでウォルシュはコールのことを気絶させる。そして、箱からメモリーカードを回収し、ジャックのことを警察に通報する。

ウォルシュの恋人コールは殺さないあたり、コールへの愛を感じます。残念な結末になる彼女に要注目。

21話のあらすじ

ジャックはメモリーカードのなかにトカレフが関与していることを示すビデオを見つける。トカレフの写真をリッカーに送ると、リッカーはトカレフを特定し、ジャックの逮捕に協力することを約束。ジャックはリードに電話をかけ、証拠を提供し、店で会う約束をする。その電話をCTUが傍受し、ピラーはトカレフに知らせるとともに、部隊を派遣して助けを求める。ジャックはリードと共に脱出し、リッカーはトカレフを捕らえる。ジャックはリードにメモリーカードを渡し、リッカーはトカレフと二人きりになって外に出る。

残酷でグロテスクなシーンがあるエピソード!ジャックの復讐劇がとまりません!

22話のあらすじ

CTUはトカレフの死体が屠殺されているのを発見し、クロエはジャックを心配し始める。ジャックはローガンらが乗る車列を襲い、防弾リムジンのなかに発煙筒を投げ込んでローガンを強制的に脱出させ、離れた場所に拉致。ローガンはノヴァコヴィッチの名前を出す。ジャックはノヴァコヴィッチのホテルの部屋を襲撃し、彼と彼のボディガードを殺害。ロシア大統領スワロフは条約にサインするためニューヨークに到着する。彼はローガンから電話を受け、スロフ大統領がハッサン大統領やルネ暗殺を含むその日の出来事の首謀者であることが明らかになる。

またまたトンデモないことが発覚するエピソード!それにしても、ジャックの復讐心半端ない笑

23話のあらすじ

ジャックはピラーに銃口を突きつけ、車で国連向かいのビルに潜入する。ピラーを気絶させ上階へ進み、スナイパーライフルを構えるジャック。カイラは母親ダリアに、ハッサン大統領暗殺にロシアが関わっていることを話す。ダリアはそのことをテイラー大統領に確認。テイラー大統領は、この日起きた出来事への関与が疑われるカミスタンを報復攻撃すると脅迫し、条約を撤回しないよう要求する。

なんだかトンデモない展開に発展しそう!ジャックは完全に暴走機関車になってしまったのか?ジャックとローガンのやり取りにも注目です。

24話のあらすじ

ローガンの部屋にスワロフ大統領がやってくる。クロエは、大統領が米国内で暗殺されればロシアは宣戦布告するとして、ジャックの殺害を思いとどまらせ、スワロフの起訴を確実にするためにジャックが持つ証拠を開示すると約束する。ジャックは、証拠を収めたメモリーカードと、キムのために録画したビデオをクロエに渡し、自分の逮捕を免れるためにジャックを撃つ。ジャックは逮捕され、クロエはカードを持って去るが、後にピラーの命令でカードは押収される。ローガンはそれをテイラーに渡し、ジャックを殺させるように説得する。

シーズン8の最終話!感動的な結末を迎えます!

シーズン8のキャスト(登場人物)

24 シーズン8 登場人物

シーズン8で登場する主要キャストになります。

  • ジャック・バウアー
    引退したが、旧知の情報屋が訪ねてCTU復帰
  • クロエ・オブライエン
    CTUの情報分析官
  • ブライアン・ヘイスティングス
    CTUニューヨークの支部長
  • コール・オーティス
    CTUニューヨークの捜査官
  • ナ・ウォルシュ
    CTUニューヨークの分析官
  • ルネ・ウォーカー
    かつてロシアマフィアに潜入捜査
  • アリソン・テイラー
    アメリカ合衆国大統領
  • オマール・ハッサン
    カミスタン国の大統領
  • ダリア・ハッサン
    オマールの妻
  • カイラ・ハッサン
    オマールとダリアの娘
  • タリン・ファルーシュ
    大統領の警護チームの主任
  • サミール・メーラン
    カミスタン反対派のリーダー
  • セルゲイ・バザエフ
    ロシアの赤の広場のリーダー
  • メレディス・リード
    ハッサン大統領と関係のある新聞記者

シーズン8に登場するキャストは以下の記事でも紹介しています。

シーズン8の視聴方法



ディズニープラス


dTV


Amazonビデオ


TELASA


Netflix


U-NEXT


FODプレミアム


Hulu


ABEMA
おすすめ度
(5 / 5.0)
(4 / 5.0)
(3 / 5.0)
(2 / 5.0)
配信状況
(課金)
シーズン1-8
シーズン10
(見放題)
シーズン1-10
(1話165円)
シーズン1-8
(1話150円)
シーズン9
(1話300円)
シーズン10
(1話500円)
シーズン1-8
(1話286円)
字幕/吹替字幕/吹替字幕/吹替字幕/吹替吹替
月額料金990円(税込)550円(税込)500円(税込)618円(税込)
お試し期間なし31日間30日間15日間
※シーズン9=リブ・アナザー・デイ
※シーズン10=レガシー

『24 -TWENTY FOUR-』シーズン8の視聴方法を徹底比較した結果、シーズン8を視聴するのにもっともおすすめなのは、動画配信サービスのDisney+ (ディズニープラス)になります。

Disney+ (ディズニープラス)は月額料金のみでシーズン8が見放題!さらに、シーズン1から7とシーズン10(レガシー)も配信されており、これらも見放題です。

その他の配信サービスでも配信されていますが、1話視聴するごとに150〜300円ほどの課金が必要になるため、シーズン丸ごと視聴すると結構な課金が発生します。

もっともおすすめなDisney+ (ディズニープラス)

画像: Disney+ (ディズニープラス)
おすすめ度⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
『24』の配信状況
(課金の有無)
シーズン1-8,10
見放題
字幕/吹替字幕/吹替
月額料金月額制:990円
年額制:9,900円
お試し期間なし
配信数16,000本以上
追加課金なし

Disney+ (ディズニープラス)は、月々990円(税込み)を払うことで、配信されている16,000以上もの作品を追加課金なしで見放題に視聴できるサブスク型の配信サービスです。

以下の6ブランドに属する16,000を超える作品が配信されており、子供向けのアニメはもちろんのこと、海外ドラマや洋画、韓流ドラマも数多く配信されています。

配信中の6ブランド
ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィック、スター

『24』のスタッフが制作した『ホームランド』や、主人公キーファー・サザーランドが主役の『サバイバー・宿命の大統領』なども配信されていますよ!

Disney+ (ディズニープラス)

年間プランが15%OFFで実質2か月無料

【参考記事】Disney+ (ディズニープラス)ってなに?料金やサービス内容を解説
【参考記事】Disney+ (ディズニープラス)の登録手順と解約手順

『24』の詳しい視聴方法は以下の記事でも解説しています。

まとめ

24 シーズン1 まとめ

『24 -TWENTY FOUR-』シーズン8のあらすじ・ネタバレや感想、キャスト(登場人物)、視聴方法などを紹介しました。

まだ観たことのない人は絶対に観るべき海外ドラマですし、すでに観たことのある人でも、もう一度視聴しても全然楽しめますよ!

視聴はDisney+ (ディズニープラス)で唯一、見放題で視聴可能です。

Disney+ (ディズニープラス)

年間プランが15%OFFで実質2か月無料

【参考記事】Disney+ (ディズニープラス)ってなに?料金やサービス内容を解説
【参考記事】Disney+ (ディズニープラス)の登録手順と解約手順

こちらの記事は2022年12月時点の情報になります。すでに配信が終了している場合もありますので、詳細は各動画配信サイトの公式ホームページにてご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました