Disney+ (ディズニープラス)ってなに?料金やサービス内容を解説

画像: Disney+ (ディズニープラス)
  • 『24』のほかにどんな作品が配信されてるの?
  • 利用料金はいくら?課金が必要な場合もあるの?
  • ダウンロード機能など便利な機能はあるの?

上記のことを含め、Disney+ (ディズニープラス)がどんなサービスなのかを解説します。

Disney+ (ディズニープラス)は、最近もっとも勢いのある動画配信サービスで、2021年10月後半にサービスが刷新され、万人向けのサービスに生まれ変わりました。

『24』のほかにも様々な作品(海外ドラマを含む)が配信されているため、「24のためだけに登録するのはちょっと…」などの心配も必要ありません!

\月額990円で1万6千本以上が見放題!/

Disney+ (ディズニープラス)

Disney+ (ディズニープラス)ってなに?

画像: Disney+ (ディズニープラス)

Disney+ (ディズニープラス)は、ディズニー社が公式に運営している動画配信サービスで、日本では2020年からサービスを開始しました。

定額制で、一度お金を払ってしまえば配信されている全作品が見放題!

元々はディズニーやピクサー、マーベルなど子供向けのアニメを多く配信していましたが、現在ではディズニー傘下のFOXなどの作品も配信されており、大人向けの作品も続々追加中。

利用料金は?

利用料金月額プラン:990円
年額プラン:9,900円
※年間1,980円お得

利用料金は月々支払う「月額プラン」と、年1回支払う「年額プラン」を選べます。

年間通して利用する場合、「年額プラン」のほうが「月額プラン(990円×12回)」よりも1,980円お得になりますので、長く利用する方は年額プランがおすすめ。逆に、長く利用し続けるかわからない場合には「月額プラン」がおすすめです。

年額プランだと月々825円で利用でき、1日で計算すると27.5円で利用できることになり、いかにお得かわかると思います!

作品ごとの課金ってある?

Disney+ (ディズニープラス)では、追加で課金することなく完全見放題です。

ほかの動画配信サービスですと、作品は「見放題作品」か「購入作品」かにわかれており、「購入作品」を視聴するには、利用料金とは別にその1作品に対して課金しなければ視聴できません。

つまり、月額料金+αのお金がかかってしまい、結果的に出費が増えてしまうわけです。

Disney+ (ディズニープラス)では余計なお金を払う心配がないため安心して利用できます。

登録方法が2つある?

dアカウントを
経由せず登録
・Disney+ (ディズニープラス)
dアカウントを
経由して登録
・Disney+ (ディズニープラス)
・Disney DX (ディズニー DX)

Disney+ (ディズニープラス)には2つの登録方法があります。

dアカウントというドコモのアカウントを経由して登録するか直接登録するかです。

dアカウントを作って登録することで、料金自体は同じですが(年額プランは選択不可)、「Disney DX (ディズニー DX)と呼ばれる、ディズニーの最新情報やお得な特典が受けれるディズニー好き向けのサービスも利用できます。

逆にディズニーに興味がない人であれば、dアカウントは経由せず直接登録すればOKです!

お試し期間はどのくらい?

お試し期間は用意されていません。

ほかの多くの動画配信サービスでは、2週間から1ヶ月ほどの無料お試し期間を設けており、その期間中は作品が無料で視聴できてサービスを堪能できます。

Disney+ (ディズニープラス)にはそのお試し期間がなく、事前に体験できないということで、正直ここは残念と言わざるを得ません。

登録した瞬間から料金は発生します。

2021年10月後半まではお試し期間があったのですが廃止されました。同じ配信サービスのNetflixも現在はお試し期間を設けておらず、真似したかたちです。

配信数は?どんな作品が配信?

配信作品数1万6000本以上
配信ブランドディズニー
ピクサー
マーベル
スター・ウォーズ
ナショナル ジオグラフィック
スター

Disney+ (ディズニープラス)では、上記6ブランドの作品が1万6千本以上配信中です。

例えば、ディズニーなら『アナと雪の女王』や『美女と野獣』だったり。スター・ウォーズなら『エピソード1』や『ローグ・ワン』というように。

各ブランド、人気・定番作品の多くが配信されており、マイナー作品やオリジナル作品もたっぷり配信されています。

当初、Disney+ (ディズニープラス)ではディズニーやピクサーやマーベルといった、どちらかと言えば子供向けのアニメが多かったです。しかし、2021年10月後半のサービス刷新によって『スター』ブランドが追加となり、米国FOX社の作品などが配信され、大人向けの作品が増えました。

『24』もその時に追加された作品で、ほかにも複数の海外ドラマが配信されました。

配信中の海外ドラマの例

911 LA救急最前線、BONES、ボストンリーガル、キャッスル、クリミナル・マインド、DOPE SICK、glee、ホームランド、ザ・キリング、LOST、プリズン・ブレイク、STATION 19、タイラント、ウォーキング・デッド…など

今後、Disney+ (ディズニープラス)は幅広い層の人たちの利用者を増やすべく、大人向けのおもしろい作品を続々配信してくれるはずです!

ダウンロード機能とは?

Disney+ (ディズニープラス)にはダウンロード機能が実装されており、あらかじめ視聴したい作品をダウンロードしておくことで、ネットが繋がっていない場所でも視聴できます。

例えば、Wi-Fiに繋がる自宅で『24』をダウンロードしておけば、外出先のWi-Fiが繋げない飛行機のなかであっても、通信量を消費することなく視聴できてしまうのです。

外出先で動画を観るとスマホの通信量を大きく消費してしまうため、なるべくWi-Fiに繋いで観たい作品をダウンロードして視聴することで、データ量を節約できます!

ペアレンタルコントロールとは?

親御さんが子供の視聴する作品を制限できるペアレンタルコントロール機能。

簡単に言えば、子供には子供向けの作品しか表示させず、大人向けの作品は一切表示されないため安心して子供と利用できる機能です。

Disney+ (ディズニープラス)では複数のプロフィールを設定でき、プロフィールごとに表示させる作品を制限できるため、親御さんのプロフィールは全作品表示できるようにし、子供のプロフィールは子供向けの作品しか表示させないようにできます。

ちょっとした間に子供にiPadを渡して動画を観させておく際に、子供向けの作品しか表示されなければ安心ですよね!

何台まで共有できる?

Disney+ (ディズニープラス)では、最大7つのプロフィールを設定でき、同時接続は4台までとなっています。

1つのアカウントで複数人と共有できることから、4人家族で4人がそれぞれ別々のプロフィールで同時に利用することも可能なわけです。

登録方法と解約方法

サービスが刷新され、これまで少し複雑だった登録方法と解約方法が改善されました。

現在はどちらも1分ほどでできるまで簡単になりました。

ほかの動画配信サービスと同様、登録には「メールアドレス」と「パスワード」、「支払い方法(クレジットカードかPayPal)」の3点を入力。解約は、公式サイトやアプリから可能。

具体的な登録・解約手順は、以下の記事で実際の画面付きで解説しています。

まとめ

Disney+ (ディズニープラス)のサービスを解説しました。

月額990円で1万6千本以上もの作品を追加課金なしで視聴できるため、コストパフォーマンスに優れています。おまけに、ほかでは観れないオリジナル作品や、ほかでは追加課金が必要な作品もすべて見放題!

ディズニーなどのアニメが好きな人はもちろんのこと、米国FOXの作品を含め、一般の作品も続々追加されていますので、もし気になったらぜひ使ってみることをおすすめします。

\月額990円で1万6千本以上が見放題!/

タイトルとURLをコピーしました