『24 -TWENTY FOUR-』シーズン2のあらすじ・登場人物・視聴方法まとめ

24 シーズン2

『24 -TWENTY FOUR-』シーズン2のあらすじ内容や感想、登場人物(キャラクター)や視聴方法、さらにはシーズン2の雑学やNGシーンなども紹介しています。

シーズン2もメインのテロ攻撃が「核爆弾」ということで、非常にスケールの大きい内容になっています。こちらも非常におもしろいと評価の高いシーズンです。

シーズン2のおすすめ視聴方法

Disney+ (ディズニープラス)

シーズン2を視聴するならDisney+ (ディズニープラス)がおすすめです。

唯一、見放題(追加課金なし)で視聴可能で、字幕と吹替の両方に対応。ほかのサービスでは、1話ごとの課金があり、たくさん視聴すると膨大な課金が必要です。

見放題での視聴はこちら
※年間プランは15%OFFで実質2か月無料

シーズン2のあらすじ

『24 -TWENTY FOUR-』のシーズン2は、米国FOX局で2002年に放送されました。

全24話構成で、テーマは「ロサンゼルス核爆弾テロ」になります。

米国ロサンゼルスに核爆弾が持ち込まれ、24時間以内に爆発するという。その情報を受け取ったCTU(テロ対策ユニット)はさっそく捜査を開始。しかし、過去にジャックが潜入捜査していたある人物が大きな手がかりと判明し、妻を亡くし休職中のジャックを呼び戻すことになるのです。

以下はネタバレ内容が含まれていますので注意してください

もろネタバレが含まれています!

1話のあらすじ

パーマー大統領候補の暗殺未遂事件から約18ヶ月。第二の波と呼ばれるテロ組織がロサンゼルスで本日中に核爆弾を爆発させる計画があると情報が入り、CTUは早速捜査を開始することに。妻テリーを亡くしたショックから休職していたジャック・バウアーですが、過去の潜入捜査が今回のテロに関連しているということで、CTUやパーマー大統領から直々に捜査に復帰してほしい旨伝えられる。

18ヶ月ぶりに仕事に復職させるということで、CTUのメイソンやトニーらは必死にジャックに連絡するものの無視(笑)ジャックはかなり気持ちが暗く、ヒゲも汚い感じ^ ^ しかし、捜査に戻ると早速証人に手荒なことをして…とすぐにシーズン1の頃のジャックに戻ります!

2話のあらすじ

ジャックは早速、ウォルドの右腕と呼ばれる男エディの組織に潜入することになり、そこで捜査を撹乱させるためにCTUを爆破する情報を掴むことになる。一方、パーマー大統領は警戒レベルが上がったという情報を得ているロン・ウィーランド記者に会って直接話すことに。ケイトは依頼している調査官から、レーザー・ナイールがテロ組織と繋がりがあると言われ、彼のパスポートを調べてくれと頼まれるが…。

なんと、あのCTUの爆破計画があるということで、それを知ったジャックがどのような行動を取るのかに注目!また、ワーナー家でもテロに関連する人物が出てきていますので、一体どうなるのか?

3話のあらすじ

ジャックはCTU爆破の件をパーマー大統領のアシスタントであるリン・クレスギに警告。しかし、ジャックの潜入捜査がバレてしまい、ジョセフ・ウォルドという男に辿りつけなくなってしまう可能性があることから、NSAの副長官であるエリック・レイバーンはCTUへ警告しないことにする…。一方、ジャージ・メイソンはロス市警と共にある倉庫を捜査し、そこで放射線物質を浴びてしまうことになる。

CTU爆破が成功するのかどうかがこのエピソードの最大の見どころ!さらに、メイソンは放射性物質を浴びてしまい大変なことに!なかなか興奮するエピソードです♪

4話のあらすじ

ジャックはエディらを殺して、ついにウォルドの居場所を突き止めその住所へと向かう。一度は厳重な小屋へ逃げ込まれてしまうが、ついにウォルドは観念しCTU爆破の情報を持ちかけてきた人物の写真を見るジャック・・・。一方、パーマーはCTUへ報告をしなかったレイバーンをクビにし、ジャックの娘キムはメーガンへの虐待を病院に疑われることになる。

CTU爆破のためにCTUの情報を売った人物が一体誰なのか!?ここが最大の見どころ!また、キムの身にも危険が迫っている!?

5話のあらすじ

ジャックはCTU爆破の計画を売ったのがニーナ・マイヤーズだとメイソンに伝える。そして、彼女をCTUに連行して尋問をするも、大統領の恩赦を要求。核爆弾を見つける唯一の手がかりであることを理由に、パーマー大統領はジャックの許しを得て恩赦を与えることになる。一方、トニーはテロ捜査の過程で浮上したレーザー・ナイールという男を調査するため、結婚式が挙げられる彼の家を訪れることに。

ジャックは妻テリーを殺したニーナに恩赦が与えられるということで、一体どんな反応をするのか注目!また、ついに結婚式を控えるレーザーに捜査の手が入ることに!

6話のあらすじ

ジャックは恩赦の書類をニーナに見せるも、彼女は情報を明かす前に釈放を要求。ジャックは口を割らなければ殺すと脅す。彼女は内通者の居場所を知っていると話し、ジャックはニーナをその場所に移送するよう手配。一方、マリーはケイトの捜査に腹を立てる。レーザーはCTUに、ボブからセカンドウェーブの口座に資金を移すよう指示されたことを明かす。デイビッドの元妻シェリー・パーマーが彼を訪ね、ロサンゼルスで避難命令が出たことを明かす。

ジャックとニーナのやり取りは必見!2人が共に行動することになり、一筋縄では行かない気がしますが・・・。

7話のあらすじ

ジャックやニーナは目的の場所に到着。ニーナはマイクとカメラを仕掛けられてから建物に入り、セカンド・ウェーブの内通者を訪ねる。メイソンは自分を嫌っている息子に電話をかけ、CTUに来るよう頼む。息子は拒否し、メイソンは力づくで彼を連れてくる。パーマー大統領の参謀長マイクが加わり、パーマーはシェリーの情報源を探そうとしていることを話す。デイビットは疑わしいスタントンを調査することに。

機転を効かすニーナの姿が!さすがは元スパイ!ここでもジャックとの関係は要注目です。シェリーが加わり、政権内に不穏な動きがあるのも見逃せません。

8話のあらすじ

ニーナは捕まえた現場で内通者に話をさせようとするも失敗する。二人は飛行機でCTUに戻ろうとするも、飛行中、ニーナは爆弾の在り処を知っている人物の居場所を聞き出すのだが…。CTUでは、ボブが自分はCIAのコンサルタントであることを明かし、自分はテロリストではないと言う。ケイトは分析官に会い口座を調査。彼らは、セカンドウェーブに所属するテロリストとして知られるサイエド・アリの名前を見つけるのだが…。

爆弾の在り処を知っている男の居場所を唯一知っているニーナ!それを使って駆け引きする様子はさすが頭いい!

9話のあらすじ

パーマーは元妻シェリーがウィーランドを脱走させたと非難する。飛行機が墜落し、ジャックは軍の工作員が生存者を殺害するのを目撃する。ニーナと共に逃げ、CTUの応援が到着するまで抵抗する。その最中、ライフル銃を手にしたニーナは、ジャックを人質に取り、これから犯すジャック殺害の恩赦を要求するのだ。一方、レーザーは捜査に協力すると言い、ボブのオフィスへ捜査官と一緒に向かう。

緊迫したシーンが続く9話!ついにニーナの悪あがきもここまでか!?大統領の苦渋の決断を迫られるシーンが見どころです。

10話のあらすじ

ジャックはニーナの人質から解放され、現場を去る際に襲った軍隊のタトゥーを見分け、彼らがNSAのために働く秘密特殊部隊であることをパーマーに報告する。パーマーは彼らがスタントンによって送り込まれたものだと推測。シェリーはスタントンの秘密通信網を暴露し、スタントンの証拠とする。サイエド・アリの居場所を新たに知ったジャックは、チームを率いてケイトが拷問を受けている家へ向かう。しかし、サイエド・アリはその場を離れ、礼拝のためにモスクへ向かう。

自国の特殊部隊に襲われたジャック!パーマー政権側でもついに不穏な空気が流れ、厄介な元妻シェリーが大活躍するエピソードです(笑)

11話のあらすじ

CTUチームはサイエド・アリを追ってモスクへ向かう。ケイトはイスラム教徒の女性に扮してモスクに入り、サイエド・アリを特定するよう指示され、それを実行する。一方、パーマーはスタントンを逮捕させ、口を割らせようとするが効果はない。パーマーはプロの捜査官に命じてスタントンに拷問を開始させ、情報を聞き出そうとする。キムは森の中を走り続け、動物の罠にはまってしまう。彼女はクーガーが近づいてくるのに気づく…。

ついにテロの黒幕であるサイエド・アリを追い詰める、非常におもしろいエピソード!NSA長官も逮捕され、一体どうなることやら!?

12話のあらすじ

ジャックはモスクの聖職者に事態を報告。CTUは地下室へ逃げたサイエド・アリを見つけ捕まえる。ジャックは拷問が無駄だと考え、聖職者が話すように説得するが、効果はない。CTUはアリの服から焼けた紙を回収し、そこに書かれた文字を復元するために鑑識課員を雇う。リン・クレスギはシェリーの関与を突き止める。キムはハンターのロニー・マクレーに救われる。

ついに爆弾の在処が判明するエピソード!ジャックが使うサイエド・アリから情報を聞き出す方法が斬新だがちょっと残酷…。

13話のあらすじ

空港に到着したCTUチーム。スタントンはついに口を開き、空港にいる特殊作戦チームがセカンドウェーブの工作員を殺害し、爆弾を回収するよう命じられたことを明かす。CTUは空港内の施設でタトゥーを入れた6人の隊員の死体を発見する。スタントンは7人いたことを話すが…。パーマーはスタントンに詳細を尋ねると、なんとシェリーの関与を明らかにするのだ。

空港内での大規模な核爆弾捜索。しかし、そこには精鋭の特殊部隊がいるという。そして、スタントンはシェリーが関与していると言い驚くパーマー!先の展開が読めずワクワクな気持ちで観れますよ!

14話のあらすじ

CTUは捕らえたパイロットの尋問を開始する。ケイトはテロに関与している妹マリーを見つけ、CTUは彼女を捕らえることに成功する。ジャックは彼女を拷問し始め、ケイトは説得を試みる。彼女はついに爆弾の在り処を教えるが、ジャックはそれが囮であると推測し、周辺を徹底的に捜索するよう命令する。病状が悪化したメイソンはCTUを去り、アルメイダを局長に任命する。

ついに爆弾発見!マリーも逮捕!しかし、一筋縄ではいかず、必死の捜査が続けられます。緊迫したシーンの連続でおもしろいです!

15話のあらすじ

爆弾の信管を外すことは不可能であり、安全に爆発させるためにモハーベ砂漠に運ばなければならない。パイロットは命中率を上げるために飛行機を離れることができず、自殺行為となる。メイソンが到着し、パイロットになると申し出るが、ジャックは拒否し、自分でやることを選択する。一方、CTUはサイエド・アリの自宅から、中東3カ国の政府によるテロ支援の証拠と思われる録音を回収する。統合参謀本部は、パーマーが報復を決定したことに備えて軍を準備するが、彼はひとまず保留することにする。

いよいよ爆弾の処理になり、これがまた感動シーンてんこ盛り!シーズン2でもっとも感動的なシーンがありますね。

16話のあらすじ

ミシェルはサイエド・アリに録音のことを聞くが、彼は一切の関与を否定する。トニーは彼の主張を信じず、録音が本物であることをパーマーに伝える。ミシェルはジャックにサイエド・アリの主張を伝えがグアンタナモへ移送される直前ジャックはアリに真偽を確かめる。しかしその直後、彼は正体不明の狙撃手に殺される。当局はパーマーに、本物だと思われる録音をもとにした襲撃を命じるよう迫るが、彼のもとにジャックから電話が…。

このエピソードから後半戦が始まり、爆弾の脅威から開戦への危機に話が変わる。CTUではジャックとトニーの対立など好ましくない空気が流れる。

17話のあらすじ

ジャックはケイトを連れて狙撃手との待ち合わせ場所へ向かう。しかし、ユスフ・アウダが尾行していることに気づき、ジャックは彼の協力を頼む。ジャックは一人で建物内へ入ると、空港で他の6人を殺した7人目のメンバー、ジョナサン・ウォレスがいる。彼は、自分のボスがカスピ海の石油を支配していると説明。彼らは莫大な収入を得るために、アメリカによる中東攻撃の引き金を引こうとしていたのだ…。

ジャックは独断行動を取り始め、録音が偽物であることを証明するべく奔走する。証拠を持っている彼も命を狙われており、問題が複雑化します!

18話のあらすじ

ジャックはCTUにいるミシェルに電話をかけ、敵の位置がわかる衛星画像を要求する。4人は銃撃戦の末、なんとか車で脱出することに成功するが、ウォレスが瀕死の重傷を負う。ミシェルの行いを知ったアルメイダは、ジャックと電話で連絡を取り、ウォレスがCTUの関与を望んでいないことを説明。一方、全米の各都市では、中東系住民を敵視した暴動が発生。パーマーは州兵と陸軍に命じて外国人を保護し、暴動を収拾させる。キムは警察に事情を話し、ゲイリー・マシソンが妻を殺したことを確認したため、当初の容疑は取り下げられるが、警察の拘束から逃亡した罪が残っていることを告げられる。

ついに録音データが偽物だとする証拠が手に入ろうとするも、驚きの場所にそれはありました!途中で展開される銃撃戦が大きな見どころです。

19話のあらすじ

ユスフはチップ内に埋め込まれている発信器を見つける。ジャックは取り外した発信器を持って逃げ、ユスフとケイトはチップ本体を持って逃げる。ジャックは傭兵に捕まり、チップの在り処のため拷問を始める。一方、ユスフとケイトは3人の犯罪者に襲われ、人種を理由にユスフを殴り始める。リン・クレスギは副大統領が閣僚を集めていることに気づきマイクに問いただす。彼は、副大統領が憲法修正第25条第4項を発動しようとしていることを明らす。

ついにジャックは捕まり拷問されてしまいます!そして、ユスフらも大変な目に!チップは一体どうなるのか緊迫したシーンが続きます。

20話のあらすじ

傭兵たちは医者にジャックを蘇生させるよう強要する。ジャックは医者を説得し、脱出に協力させる。ジャックは傭兵たちを殺し、黒幕であるピーター・キングスレイの名前を聞き出す。一方、凶悪犯はユスフの持ち物を奪い、立ち去る。ケイトはチップを返してもらうため、それと引き換えに自宅の金を提供する。ライアン・シャペルがCTUに到着し、戦争に対する国内対応の準備を唯一の任務として指定する。

重要なチップをどう取り返すのかが注目ポイント!また、政府やCTUは開戦へ向け準備を進めており、ジャックらの証拠がますます重要になってきます。

21話のあらすじ

ジャックは凶悪犯を捕らえチップを回収する。破損していることに気づき、トニーに黒幕とされるピーター・キングスレイの名前を調べるように言う。トニーとミシェルは、アレックス・ヒューイットというハッカーを見つけ、おそらくキプロスの録音を捏造した人物であることを突き止める。ジャックはヒューイットの居場所に向かうが、そこへシェリーが自分の計画のためにヒューイットを探しに来たため、身を隠す。

チップの情報からついに手がかりが!しかし、そこにはあのシェリーもおり、なんだか嫌な予感しかしてきません…。パーマーの大統領という立場も危うくなり、1秒たりとも目が話せない展開の連続です。

22話のあらすじ

ジャックはシェリーの関与を突き止める。免責と引き換えに証言することになったヒューイットを捕らえる。罷免され部屋に拘束されているパーマーは、監視役のアーロン・ピアスを説得し、携帯電話を持たせてもらいジャックと連絡を取る。トニーはシャペルにヒューイットのことを話し、ジャックを迎えに行くヘリコプターを依頼するが、シャペルは否定。シャペルはアルメイダにも配置転換を告げ、実質的にアルメイダを解雇する

証拠が本物だと信じて開戦準備を進めるCTU側と、証拠は捏造だと捜査するジャックらの争いが見どころです!トニーがボスに大胆な行動を取るところもワクワクします。

23話のあらすじ

ヒューイットは重傷を負い、至急ヘリコプターを必要とする。ヘリは現地へ到着するも、シャペルはヘリを引き換えさせ、協力したトニーは逮捕されてしまう。ヒューイットは負傷し、ジャックはシェリーの元に戻り、別の方法を尋ねる。彼女は、キングスレイの自白を利用する方法があると説明。マイクは、開戦のため周辺国に対し米軍機の通行を許可を求める必要があるとパーマーに協力を求める。パーマーは自分の主張のために司法省の工作員の力を借りる。

いよいよ開戦が迫り、緊迫した状況になる政権側。ジャックはシェリーの手を借りて大胆な作戦に出ようとします。いよいよクライマックスに向けたおもしろいエピソードです。

24話のあらすじ

司法省の職員はマイクに調査結果を伝え、マイクはCTUのシャペルにジャックの主張の立証を手伝うよう命令する。シェリーはマイクをつけられ、ロサンゼルス・コロシアムに入り、ピーター・キングズレーをだまして、録音の偽造とそれへの関与を告白させる。副大統領は新証拠を得た結果、攻撃の中止を決定する。

ついに最終話!一体どのような結末を迎えるのか?開戦は回避されるのか?

シーズン2のキャスト(登場人物)

24 シーズン2 登場人物

シーズン2で登場する主要キャストになります。

ジャック・バウアー

主人公でCTUロサンゼルス局で捜査官兼チーフ。

元妻テリーを亡くし休職中だったが、ロサンゼルスへの核爆弾テロを阻止すべく捜査に協力するようCTUから呼び出される。かつての潜入捜査を再開し、積極的にテロを阻止すべく奔走する。

キンバリー・バウアー

ジャックとテリーの一人娘で「キム」と呼ばれている。

ベビーシッターとして働いているも、父親とは疎遠な関係。しかし、ベビーシッター先の父親がDV夫で度々妻に対して暴力を振るう人で…。

デイビッド・パーマー

アメリカ合衆国の大統領。

ロサンゼルスに核爆弾が持ち込まれ24時間以内に爆発するという情報が入り、司令室から適切な指示を出し、事件解決に向けて動く。

シェリー・パーマー

デイビッド・パーマー大統領の妻。

機転が効き、口が達者な性格の持ち主。すでに離婚しているものの、パーマー大統領がいる場所に出入りすることになり…

マイク・ノビック

パーマー大統領の首席補佐官。

常にパーマーに対して適切な判断をするよう支える。

トニー・アルメイダ

CTUロサンゼルスの分析官&捜査官。

テロを阻止するために紛争する。ミシェルとは良い関係だが、のちに悪くなる…。

ミシェル・デスラー

CTUロサンゼルスの分析官。

新しく入った優秀な分析官で、事件解決に向けて奔走する。

ニーナ・マイヤーズ

元々はCTUロサンゼルスの分析官だったが、国家反逆罪やジャックの妻テリーを殺害し罪で服役中。しかし、CTU爆破に関して内部の情報を売ったとしてCTUへ連行される。

ジョージ・メイソン

CTUロサンゼルスの支部長。

捜査中に被曝してしまい、余命は少ないと宣告される。

ライアン・シャペル

CTUロサンゼルス地域の本部長。

ケイト・ワーナー

ワーナー家の長女で、妹思い。

マリー・ワーナー

ワーナー家の次女で、レーザーと結婚式を挙げる直前で邪魔されてしまう。

サイエド・アリ

ロサンゼルスで核爆弾を爆発させようと試みるテロリスト。

ピーター・キングスレー

自身が所有するカスピ海の石油のため、工作して合衆国政府に開戦させようと試みる黒幕。

シーズン2の視聴方法



ディズニープラス


dTV


Amazonビデオ


TELASA


Netflix


U-NEXT


FODプレミアム


Hulu


ABEMA
おすすめ度
(5 / 5.0)
(4 / 5.0)
(3 / 5.0)
(2 / 5.0)
配信状況
(課金)
シーズン1-8
シーズン10
(見放題)
シーズン1-10
(1話165円)
シーズン1-8
(1話150円)
シーズン9
(1話300円)
シーズン10
(1話500円)
シーズン1-8
(1話286円)
字幕/吹替字幕/吹替字幕/吹替字幕/吹替吹替
月額料金990円(税込)550円(税込)500円(税込)618円(税込)
お試し期間なし31日間30日間15日間
※シーズン9=リブ・アナザー・デイ
※シーズン10=レガシー

『24 -TWENTY FOUR-』シーズン2の視聴方法を徹底比較した結果、シーズン2を視聴するのにもっともおすすめなのは、動画配信サービスのDisney+ (ディズニープラス)になります。

Disney+ (ディズニープラス)は、月額料金のみでシーズン2が見放題!さらに、シーズン1から8とシーズン10(レガシー)も配信されており、これらも見放題です。

その他の配信サービスでも配信されていますが、1話視聴するごとに150〜300円ほどの課金が必要になるため、シーズン丸ごと視聴すると結構な課金が発生します。

もっともおすすめなDisney+ (ディズニープラス)

画像: Disney+ (ディズニープラス)
おすすめ度⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
『24』の配信状況
(課金の有無)
シーズン1-8,10
見放題
字幕/吹替字幕/吹替
月額料金月額制:990円
年額制:9,900円
お試し期間なし
配信数16,000本以上
追加課金なし

Disney+ (ディズニープラス)は、月々990円(税込み)を払うことで、配信されている16,000以上もの作品を追加課金なしで見放題に視聴できるサブスク型の配信サービスです。

以下の6ブランドに属する16,000を超える作品が配信されており、子供向けのアニメはもちろんのこと、海外ドラマや洋画、韓流ドラマも数多く配信されています。

配信中の6ブランド
ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィック、スター

『24』のスタッフが制作した『ホームランド』や、主人公キーファー・サザーランドが主役の『サバイバー・宿命の大統領』なども配信されていますよ!

Disney+ (ディズニープラス)

年間プランが15%OFFで実質2か月無料

【参考記事】Disney+ (ディズニープラス)ってなに?料金やサービス内容を解説
【参考記事】Disney+ (ディズニープラス)の登録手順と解約手順

『24』の詳しい視聴方法は以下の記事でも解説しています。

まとめ

24 シーズン1 まとめ

『24 -TWENTY FOUR-』シーズン2のあらすじ・ネタバレや感想、キャスト(登場人物)、視聴方法、雑学などについて紹介しました。

まだ観たことのない人は絶対に観るべき海外ドラマですし、すでに観たことのある人でも、もう一度視聴しても全然楽しめますよ!

視聴はDisney+ (ディズニープラス)で唯一、見放題で視聴可能です。

Disney+ (ディズニープラス)

年間プランが15%OFFで実質2か月無料

【参考記事】Disney+ (ディズニープラス)ってなに?料金やサービス内容を解説
【参考記事】Disney+ (ディズニープラス)の登録手順と解約手順

こちらの記事は2022年12月時点の情報になります。すでに配信が終了している場合もありますので、詳細は各動画配信サイトの公式ホームページにてご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました