新作『Legacy(レガシー)』にディレクターのジョン・カサーが参加!

『24:レガシー』シーズン1

\投票実施中/

『24』で最も面白かった・好きなシーズンは?

View Results

Loading ... Loading ...

スポンサーリンク

 

24の新作『Legacy(レガシー)』には現在10名のプロデューサー&脚本家&ディレクターが決定しており、その多くはこれまでの『24』を手掛けてきた人達ばかりです。 そして、当初は制作に加わらない予定だったプロデューサー兼ディレクターのジョン・カサーが今回新たにディレクターとして参加することになりました。

彼は24の初期からずっと制作に携わっており、シーズン7で一度降板し、シーズン8には参加しなかったのですが、2014年に放送された『Live Another Day』では再び制作側として参加していました。

 

 

『24: Legacy(レガシー)』の制作が発表されたジョン・カサー

Jon Cassar(ジョン・カサー)

『24』の初期から制作に携わっているプロデューサー兼ディレクターで、『Live Another Day』などでは演技の仕方などをレクチャーしており、ディレクターがメインの仕事の様子。『Legacy(レガシー)』では全12話の中の6話分を担当するそうです。

 

 

 

プロデューサー&脚本家&ディレクター

Howard Gordon(ハワード・ゴードン)

 

 

Manny Coto(マニー・コト)

 

 

Joel Surnow(ジョエル・サーノウ)

 

 

Robert Cochran(ロバート・コクラン)

 

 

Stephen Hopkins(スティーヴン・ホプキンス)

 

 

Evan Katz(エバン・カッツ)

 

 

Brian Grazer(ブライアン・グレイザー)

 

 

Nikki Toscano(ニッキー・トスカーノ)

 

 

Kiefer Sutherland(キーファー・サザーランド)

 

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました