ジャック・バウアー役の俳優キーファー・サザーランドに新恋人が!

『24 -TWENTY FOUR-』で主人公ジャック・バウアーを演じてきた俳優のキーファー・サザーランドは、現在ABCで放送されている政治サスペンスドラマ『Designated Survivor / サバイバー 宿命の大統領(邦題)』で主演を務めており、シーズン1の視聴率が好調だったことから、すでに続編となるシーズン2の製作が決定しています。(最近は滞在しているカナダにて音楽活動にも精を出しています)

ちなみに、『24: レガシー』の続編はキャンセルされ、違った形で『24』シリーズは続けるそうですが、おそらくキーファーの出演はないと推測されています。

そして、そんなキーファーに新恋人がいるという事実がこの度発覚したそうです!

お相手はシンディ・ベラという女優でありサッソク奏者でもある女性で、現在38歳。キーファーが現在50歳ですので12歳差ということになります。

すでに数年間交際しているようでして、キーファーの音楽バンドの欧州ツアーにも同行したり、ドラマ『宿命の大統領』の撮影地であるカナダ・バンクーバーにも現地入りしているそうです。



画像: Cindy Vela -Instagram-

キーファーとシンディとの2ショット写真!

 

画像: Cindy Vela -Instagram-

キーファーらと共に歩いているシンディ。

 

画像: Cindy Vela -Instagram-

食事をするキーファーとシンディら。隣同士です。

 

画像: Cindy Vela -Instagram-

キーファーは写っていませんが、キーファー主演のドラマ『宿命の大統領』に出演しているキャスト達と写真撮影しているシンディ。

 

キーファーの過去

キーファーは1991年にハリウッド女優のジュリア・ロバーツと婚約したものの、結婚式の直前に婚約破棄されてしまった過去があります。さらに、その後2度の離婚を経験。

1987年に結婚したキャメリア・キャスとは1990年に離婚。

1996年に結婚したエリザベス・ケリー・ウィンとは別居が長年続き2009年に離婚。

2009年以降、キーファーの交際関係についての報道はなかったため、今回が久しぶりのスクープになりました。