『24: レガシー』第10話の視聴者数が発表されました!

『24: レガシー』第10話の視聴者数が発表されました!

※物語の内容が含まれています

昨夜放送の『24: レガシー』第10話の米国での視聴者数が発表されました!!

新たなエピソードが放送されるたびに最低視聴者数を叩き出していますが、あと2話でこのシーズンも終了してしまいますので、なんとか急激に減らないように願うばかりです。

毎度紹介していますが、これまでの視聴者数は以下の通り!

1話2話3話4話5話6話7話8話9話10話11話12話
1,758
万人
622
万人
514
万人
442
万人
398
万人
380
万人
390
万人
330
万人
323
万人
320
万人
330
万人
342
万人

第10話はこれまでのエピソードの中でわりと面白かったと思います!

大きなサプライズが2つほどありました。1つ目はジャダラ・ビンカリードの父親シェイク・イブラヒム・ビンカリードが生きていたこと。そして2つ目が、国家情報局長官がかなり怪しくなってきたことです。まだ彼が内通者とは限りませんが、怪しいのは間違いありません!

あと残り2話ですので、そろそろ内通者が出てきてもおかしくないですね。


第10話の視聴者数

昨夜放送の第10話の視聴者数は合計で約320万人でした!

前回のエピソードから約3万人くらい減ってしまったことになります。この調子ですと、恐らく最終12話まで300万人を下回ることはないのではないかと思います。

すでに何度も紹介しているように、続編となるシーズン2が製作されるか否かは、5月の会議で決定することになっています。

今回『24: レガシー』は本国アメリカでスーパーボールの直後に第1話が放送され、それなりに宣伝もしていたので、視聴者数は結構多いのではないかと予想されていました。しかし、エピソードが進むにつれて、どんどん視聴者数が減っていってしまったのです。

一体原因は何なのでしょうか?

「単純に面白くない」「主人公が微妙」「テロという設定が古臭い」

など他にも沢山の意見があると思います。

個人的にはジャックやクロエを出演させて、シーズン2を製作してほしいと思っていますが、この視聴者数だとどのような判断が下されるのかはわからないですね…。

 

4月23日(日)に第1話から最終話まで一挙放送!

動画配信サイトのHuludTVでは、4月23日(日)の午前10時から午後10時まで「リアルタイム配信(FOXチャンネル)」にて『24: レガシー』の第1話から最終12話までぶっ通しで一挙放送する予定となっています!

どちらのサイトも、すでに1話など配信期間が終了してしまっており視聴することできませんので、是非まだ観ていない人も、もう一度見直したい人もこの機会を逃さないようにしてください!

 

『24:レガシー』シーズン1カテゴリの最新記事