CTU支部長ヘイスティングスがジャック主演の新ドラマに出演してます!

CTU支部長ヘイスティングスがジャック主演の新ドラマに出演してます!

※物語の内容を含んでいます。

主人公ジャック・バウアーを演じた俳優キーファー・サザーランドが主演を演じる新TVドラマ『Designated Survivor / サバイバー:宿命の大統領(邦題)』にまた新たに一人、『24』に出演している人物を発見しました!

これまですでに5人ほど『24』出演者を見つけていますので、今回で6人目の発見になります!

 

関連記事:新ドラマ『Designated Survivor(指定生存者)』には『24』の出演者が!

関連記事:『Designated Survivor(指定生存者)』にまた『24』の出演者が!

 

シーズン8 CTU支部長 ヘイスティングス

『24』シーズン8でCTUニューヨーク支局の支部長ブライアン・ヘイスティングスを演じた俳優のマイケルティ・ウィリアムソンが、今回キーファー演じる新ドラマに第4話目から出演しています。

シーズン8の最初の方ではジャックのことを毛嫌いしており、度々対立するものの、途中からはジャックの言うことを正しいと思い味方になります。

しかし、CTUがEMP爆弾で攻撃されてしまったり、彼自身がテロリストであるディナ・ウォルシュをCTUの職員として採用してしまったのが原因となり、CTU支部長の座をクロエに取って代わられてしまいました。

 

新ドラマで彼が演じているのは提督シェアウで、ホワイトハウス内の作戦拠点で指揮を執り、部隊に命令を出す立場にある重要な人物を演じています。

当たり前ですが『24』の時とほとんど容姿は変わっておらず、まるでそのまま出演しているかのようで見ていて面白いですね。

新ドラマでもキーファーと直接話すシーンが度々あり、『24』ファンとしてシーズン8を思い出します。

 

新ドラマ『Designated Survivor / サバイバー:宿命の大統領(邦題)』は米国でようやく4話目は放送されたばかりですので、この先のエピソードでもひょっとしたらまだ『24』に出演したことがある人物が出てくるかもしれないので、見つけ次第紹介したいと思います。

 

キーファー・サザーランドカテゴリの最新記事