キーファー・サザーランドの『24』の次のTVドラマ

キーファー・サザーランドの『24』の次のTVドラマ

スポンサーリンク

 

24TWENTY FOURでこれまで主人公ジャック・バウアーを演じてきた俳優キーファー・サザーランドは新作『24:Legacy(レガシー)』には出演しないことがすでに決まっていますが、まもなく放送が開始される米ABCの新ドラマ『Designated Survivor』では主人公を演じます。

これまでのキャリアにおいて、キーファー・サザーランドはTVドラマよりも映画に多くの時間を費やしてきたのですが、彼はFOXの『24』でジャック・バウアーという素晴らしいキャラクターに出会ってしまいました。

そして今回、『24』を離れて新たなドラマが始まるのです。

 

 

『24』から『Designated Survivor』

 

キーファーのインタビュー

 

あの『24』での9年間の後、少し疲れてしまったというのが本当のところなんだ。でも、すぐに今回のようなドラマ(Designated Survivor)に出演する機会に巡り会えた。ジャック・バウアーを演じたことは僕の人生における最高のギフトだったし、今回の作品がそれとはまた違ったギフトになることを願っているよ。

 

多くの人が彼に新作『24: Legacy(レガシー)』に出演してほしいと願っていますが、彼の次なる作品はABCのドラマ『Designated Survivor』になります。

 

彼は新ドラマでトム・カークマンという役を演じます。ワシントンDCがテロの攻撃を受けて皆殺されてしまった時に彼が突如大統領に就任しアメリカを守っていくのです。

ジャック・バウアーがCTUでテロの脅威を防いできたように、トム・カークマンという役はキーファー・サザーランドに国を違った形で守り続ける新たな道を与えたのです。

 

新ドラマ『Designated Survivor』は米国で9月21日(水)にABCにて午後10時から放送が始まります。

 

スポンサーリンク

キーファー・サザーランドカテゴリの最新記事