シーズン7 登場人物

物語の内容を含んでいますので、まだ観ていない方はご注意ください。

 

『24 TWENTY FOUR』シーズン7の登場人物を紹介

 

 

ジャック・バウアー

今回はテロを阻止するためCTUではなくFBIに協力する。

 

キム・バウアー

父親ジャックの治療のためFBIに呼ばれる。

 

スティーブン

キムの夫で優しい性格の持ち主。

 

アリソン・テイラー

アメリカ合衆国大統領。初の女性大統領。

 

ヘンリー・テイラー

アリソン・テイラーの夫で息子の死をずっと疑っている。

 

オリヴィア・テイラー

アリソンとヘンリーの娘で性格に問題あり。

 

サマンサ・ロス

アリソンとヘンリーの亡くなった息子の恋人で、息子の死について何か知っている。

 

クロエ・オブライエン

最初はトニーやビルと一緒に行動。その後はFBIへ。

 

ビル・ブキャナン

ホワイトハウスで大統領を守るためジャックの代わりに自ら自爆する。

 

モリス・オブライエン

妻のクロエを解放しようとジャック探しに協力する。

 

ラリー・モス

FBIのワシントンDC支局の支局長でジャックが嫌い。

 

ルネ・ウォーカー

FBIの捜査官で物語が進むに連れてジャック化していく。

 

ジャニス・ゴールド

FBIの分析官で途中から来たクロエと張り合う。

 

ショーン・ヒリンジャー

FBIの分析官で汚職事件に関わっている。

 

エリカ

FBIの分析官でショーンの愛人。

 

サニー・メイサー

ウイルス感染したジャックに治療する医師。シーズン3にも登場。

 

ジョン・スミス

海軍提督。

 

イーサン・ケニン

テイラー大統領の首席補佐官。オリヴィアとは確執がある。

 

ミッチェル・ヘイワース

アメリカ合衆国副大統領だが、臆病でホワイトハウス襲撃作戦の指揮に支障が。

 

ティム・ウッズ

国土安全保障省の高官。

 

ベン・ランドリー

疾病対策センターの所長。

 

ヴィンセント

統合参謀本部の司令官。

 

アーロン・ピアース

ホワイトハウス襲撃でオリヴィアを守る。

 

ブライアン・ゲッジ

ヘンリーの元護衛官で息子を殺した張本人。

 

エドワード・ホスラー

護衛官だが、裏でデュバク大佐と繋がっている。

 

テッド・ホービス

護衛官でホワイトハウス襲撃の時、大統領の居場所がわからず撤退する。

 

ウレ・マトボ

サンガラの元首相。

 

アラマ・マトボ

ウレ・マトボの妻。

 

ベンジャミン・ジュマ

サンガラを支配し、生物兵器の開発・実験を行う。アメリカ本国でテロを起こす。

 

イケ・デュバク

CPIデバイスを操作してアメリカ国内でテロを起こす。

 

ローラン・デュバク

デュバクの弟。

 

デイヴィッド・エマーソン

トニーの上司でデュバクらの仕事を請け負っている。

 

ジョナス・ホッジス

スタークウッドの社長で生物兵器を使って国を脅かす。

 

グレッグ・シートン

ホッジスの部下でトニーやFBIを演技で欺く。

 

ライアン・バーネット

メイヤー上院議員の秘書で、ホワイトハウス襲撃や黒幕を知っている。

 

ジョン・クイン

スタークウッドの傭兵。バーネットを殺しジャックを犯人に仕立てた。

 

ストークス

スタークウッドの傭兵で兵器を港から運ぶ。

 

カーラ・ボーデン

アランの部下でトニーと組んでいる。

 

アラン・ウィルソン

国家の裏で元大統領やホッジスを操っている。

 

ブレイン・メイヤー

ジャックを公聴会に召喚した上院議員。

 

マイケル・レイサム

CPI装置や政府のインフラ事業を開発した主任技師。

 

ジョン・ブルナー

科学薬品の工場長。

 

マリカ・ドノソ

デュバクの正体を知らずに付き合っている恋人。

 

ローザ・ドノソ

マリカの姉でデュバクを不審に思っている。

 

ダグラス・ノウルズ

スタークウッドの会長でホッジスに殴り落とされる。

 

ケン

新聞記者でオリヴィアから情報を聞き出そうとする。

 

ハミット・アルザリアン

イスラム系の留学生。

 

ジブラーン・アルザリアン

イスラム系の留学生で、トニーらに利用されてしまう。

 

導師ゴハール

アルザリアン兄弟の身元保証人。

 

シーズン8 登場人物

『24 TWENTY FOUR』無料動画 シーズン7

 

『24 TWENTY FOUR』シーズン7をお試し期間で視聴

Huluなら月額933(税抜き)で『24』などの海外ドラマや映画が見放題となります!さらに今なら2週間のお試しキャンペーンを実施しており、実質無料でシーズン7を視聴できますよ。吹き替え・字幕の両方に対応しています!

公式サイト

 

スポンサーリンク