FOXが『24: レガシー』の打ち切りを発表!

今年の2月から放送されていた『24』シリーズの最新作『24: レガシー』ですが、放送局のFOXがこの度、続編の製作をキャンセルしたと発表しました!!

続編となる『24: レガシー』シーズン2を製作するのか判断を保留していたのですが、ついにFOXが判断を下したのです。

少し前までは製作陣からも続編に関して前向きな発言があったため、結構な確率で続編が製作されるのではないかと思っていたのですが、ここに来てまさかの打ち切りです!

理由としては、視聴率が悪かったことが一番の原因だと考えられます。

今回『24: レガシー』は、史上2番目の視聴率を記録したアメリカンフットボール試合「スーパーボウル」の直後に放送されたのにも関わらず、過去14年間でもっとも低い視聴率を記録してしまいました…。

その後も、イスラムの恐怖心を植え付ける内容だといって批判されたり、ケニアで起きた実際のテロ映像を物語中に使用し謝罪したりと、新エピソードが放送される度に視聴率は低くなり、最終的には300万人台まで視聴者数が減ってしまったのです。

当初、FOX側はこれらのデータが全て出揃う5月に続編製作の判断をするとしていましたが延期に。そして、今回の発表に至ったわけです…。

 

『24』は継続するそう!

『24: レガシー』の続編となるシーズン2の製作はキャンセルされたわけですが、『24』自体は今後も続けていくそうです!すでにFOXやプロデューサーらは、新たな『24』の製作に向けて話し合いをしているそうで、『24』を再び観れる可能性は十分にあります!

新たなキャラクターで物語を描くのか、昔のキャラクターを登場させるのか分かりませんが、とりあえず『24: レガシー』とは違った全く新しい『24』を製作するそうです。

一体どんな作品になるのか、新作が早くも楽しみですね♪